敷地内自家源泉で温泉三昧 客室露天風呂
ホテル ユーロシティ
日光のおすすめの宿一覧-じゃらん-

20071004

日光東照 宮眠り猫

日光東照宮眠り猫

日光東照宮眠り猫は東照宮境内、東回廊潜門(ひがしかいろうくぐりもん)(国宝)の蟇股(かえるまた)にある小さな猫の彫刻で江戸前期の名工・左甚五郎の作と伝わる彫刻です。

うたた寝する猫の裏側には楽しそうに遊ぶ雀の彫刻があり、この2つで平和な世の中(太平)を象徴しているそうです。また、徳川家康の墓に行く手前にあるため、ネズミ1匹通さないという意味があるとも言われています。


Nikko Tosho-Gu / kanegen


日光東照宮眠り猫の住所:栃木県日光市山内2301 日光東照宮内

アクセス:JR日光駅・東武日光駅→東武バス中禅寺温泉または湯元温泉行きで5分、バス停:神橋下車、徒歩10分

車 日光宇都宮道路日光ICから3km10分

料金:拝観520円(輪王寺と二荒山神社との二社一寺共通拝観券で拝観不可)

日光東照宮 公式ページ

0 件のコメント: